Skip to content
  • by
  • 1 min read

オンラインカジノのアカウント認証・本人確認書類(KYC)の提出について解説

コニベットの入金不要ボーナスについて、さらに詳しい情報を知りたい場合は『【当サイト限定!40ドル】コニベットの入金不要ボーナスを徹底解説』をご覧ください。 コニベットにクレジットカードで入金する場合、事前に「利用するクレジットカード画像」「身分証」「住所確認書類」を提出し、本人確認を完了させておく必要があります。 1つ目の「出金前」はどのオンラインカジノでも同じですが、コニベットはクレジットカード入金を利用する場合、入金前に本人確認書類の提出が必要です。 コニベットの本人確認を行う際に必要になる書類や提出方法、認証にかかる時間、「どういった時に必要になるのか」といった内容を詳しく解説しています。

ちなみに、コニベットが意図的にプレイヤーを負けさせるようなことは絶対にありません。 オンラインカジノの運営をするためには、非常に厳しい審査をクリアした上でライセンスの取得が必要です。 コニベットの本人確認(KYC)はスムーズならおよそ2時間程度で完了します。 初回入金ボーナスを受け取るには、必ずベット前に申請が必要です。 また、仮に申請をしていても残高が0になったタイミングが申請から3日以上経過していた場合は、次で紹介する50%初回入金ボーナスの対象となるので注意しましょう。 上記手順を踏むことで、選択したプロバイダに$50の入金不要ボーナスが追加されます。

登録方法の注意点1【満17歳未満は登録できない】

ちなみに、日の日中にかけては迅速に終わることが多いのでおすすめの時間帯となっています。 バーチャルカードについてはスクリーンショットを撮影すればOKです。 なお、裏面に署名がない場合は却下される可能性があるので、必ず署名した上で撮影を行ってください。 スポーツだけではなく、カジノやポーカーも楽しみたい欲張りな人向けのブックメーカーかも知れませんね。 赤い枠で囲んである欄にベット額を入力し、内容に間違いがなければ下部の『ベット』ボタンをタップします。 スポーツベット部門へ移動する前に、振替(資金移動)するかどうかの案内が出ます。

  • コニベットの本人認証(アカウント認証)では電話番号認証も必要なので、登録後に電話番号認証を行っていないユーザーは行ってください。
  • コニベットは、キュラソー政府が発行するライセンスを取得している、安全性のとても高いブックメーカーであり、日本から利用することに違法性もありません。
  • なお、本人確認書類の提出は、出金を行う前に必ず行う必要があります。
  • ただし、申請期限は新規登録後72時間以内となっており、またベット上限金額を守らなければキャッシュバックが受け取れないなどの制限があるため注意しましょう。
  • ビギナーの方にとっては、保証がある様で安心してプレイできますね。

還元率の高いスロットゲームを選ぶことで、初心者でも自然と稼げる仕組みになっています。 オンラインカジノとしては珍しい、シューティングゲームやスポーツベットの取り扱いも充実しているので、飽きずに楽しめます。 コニベットは、オンラインカジノのライセンスのなかでも特に信頼性の高い、キュラソーライセンスを所持しています。

コニベットの最新記事4件

出金スピード以外で言うと、コニベットは1ヶ月の出金限度がなくハイローラーにもオススメできます。 と言うのもコニベットは運営体制が変わってからリベートとキャッシュバックに特化しておりユーザーメリットがより伸びているからです。 さらに、コニベットはその利便性の高い入出金方法も魅力の一つです。

  • Konibet(コニベット)のトップページを開いてログインすると下の図のように画面が出るので、画面左上の「三」のマークをクリックしてください。
  • 対象ゲームで負けたときには賭け金の一部が自動的にキャッシュバックされるので、プレイヤーにとってリスク軽減の手助けとなります。
  • オンラインカジノに登録する際は、ぜひ、ライセンスにも注目しましょう。
  • 追加書類が必要な場合は、コニベットから登録メールアドレス宛、もしくはコニベット内のインボックスにメッセージが届くので指示に従って正しい画像を提出してください。
  • スムーズな対応を期待するなら、日本語スタッフが常駐しているオンラインカジノだと安心です。

1度きりの手続きなので、間違いのないように早めに行うことをおすすめします。 光が入り込んでしまうと、大事な部分が見えなくなってしまうので、再提出となってしまいます撮影をしたら、光が入り込んでいないかを確認しましょう。 直近で引っ越ししたり結婚した方によくあることなのですが、本人確認書類と現住所確認書類の住所が一致していない場合は、本人確認(KYC)とはなりません。 コニベット(konibet)の本人確認(KYC)には、いくつかの注意点があります。 把握しておく事により、本人確認(KYC)をスムーズに進めることができます。 「ちょっと遊んでみたいけど、入金するのはちょっと…」という方は、入金不要ボーナスを使って遊んでみましょう。

コニベットのボーナス

コニベットは娯楽系ブックメーカーですので、プロモーションにも力を入れています。 ややこしいのが、いくつかのゲームプロバイダがまとめられていることです。 サンプル画像はボーナスを受け取るウォレットを指定するところですが、遊びたいゲームプロバイダに関する注意書きがあります。 https://konibetja.com 何種類かあるため初心者を混乱させるハンディキャップベットについても情報が揃っています。

  • すると、専用のボーナスコードをのちほど用意してくれるのでそれを使ってキャッシュバックを受け取ります。
  • 7スピンカジノでは、登録後72時間以内限定登録後の初回入金ならいつでも!!
  • ※運転免許証と住民基本台帳は現住所が記載されているものに限ります。
  • 証明書ページを開くと、上部に登録会社名、ウェブサイト、そして緑色のチェックマークで [Verified] と記載されています。
  • 「コニベットの本人確認が遅い?」「コニベットで出金に時間がかかる?」などの評判は本当なのか、Twitterの口コミから調べてみました。

遊雅堂はベラジョンカジノと同じBreckenridge Curacao B.V.が運営しており、ベラジョンカジノの姉妹サイトとして扱われています。 Webページの構成も似ており、ベラジョンカジノを利用したことのある方にとっては、とても利用しやすいサイトです。 カジノシークレットも、キュラソーライセンスを所持しているオンラインカジノです。 カジノシークレットは充実したキャッシュバック制度とボーナスにおける出金条件の易しさで知られています。 コニベットの最大の特徴は、スロットゲームにおいて約1ヶ月分の還元率(RTP)を惜しみなくすべて公開していることです。

コニベットで使える住所確認書類

ただし、私の見解ではこの事件以降、コニベットのRTPで不正が疑われるようなことは無いと考えています。 心配は不要かと思いますが、不安な方は利用を避けたほうが良いかもしれません。 各ゲームのRTPが100%を下回っている以上コニベットは収益を確保できます。 意図的に負ける、操作をしているといったことはないので安心してください。

  • スポーツベット部門も専用のウォレットが用意されており、入出金を行うメインウォレットから資金移動を行う必要があります。
  • コニベット (Konibet)では、期間限定ボーナスを1年を通して開催しています。
  • コニベット (Konibet)では、リアルタイムでRTP (還元率)が公開されています。
  • 身分証明書、住所確認用書類、クレジットカードの画像(クレカ入金のみ)、これらの書類の撮影方法や注意点などについて解説します。
  • ただし、プレイヤー自身が居住する国や地域の法律に従って利用することが必要です。

オンラインカジノは厳しくプレイヤー管理をされているので特に初回出金の場合は、アカウント認証が必要になることがほとんどです。 上記でも説明した通り、アカウント認証に必要な書類は本人確認書類の身分証明書・住所書類確認類・使用したクレジットカードの写真のです。 クレジットカードを使って入金している場合の方のみ提出が必要です。 使用したクレジットカードの現物写真を要求される場合、以下の情報をベラジョンカジノに提出しましょう! また、新しいクレジットカードを使用した場合にも追加で聞かれることがあります。

コニベットの入金不要・初回入金ボーナスで禁止ゲームはありますか?

ベラジョンカジノは国内人気No1オンラインカジノとして君臨しています。 そんなベラジョンカジノでもアカウント認証にかかる時間は72時間です。 また、攻略方法のあるゲームも多いため、比較的稼ぎやすいギャンブルであることは間違いないでしょう。

  • 4年に亘って運営が継続されているということは、ライセンスの保持基準を守って、誠実に運営が行われているということです。
  • 極端な表現をすると「ゲームプロバイダごとにウォレットが分かれている」イメージです。
  • コニベット (Konibet)には良い評判も悪い評判もたくさんありますが、それだけ多くの人にプレイされている証拠です。
  • コニベットでは入金した金額はまず「メインウォレット」に反映されます。

コニベット(konibet)で本人確認を行う際に身分証明書として認められている書類は、下記5種類です。 Konibetは銀行送金・クレジットカード(VISA/Master/JCB/Diners)・eウォレット・仮想通貨での入金に対応しています。 Konibetで利用可能な通貨は米ドルのみで、仮想通貨のま …

Konibet(コニベット)のKYC(本人確認) – 必要書類・提出方法・承認時間

Konibetでは、入金不要ボーナス・初回入金ボーナスが提供されています。 しかしこれらのボーナスはカジノゲームでも利用可能で、スポーツブックでは利用できません。 最近はクレジットカード入金規制の流れもありますが、コニベットは銀行入出金にも対応しているので問題なし。 https://konibetja.com/bonus/ 1つはコニベットのサポートにメールで書類を提出する方法です。 2つめは、コニベットのサイト内から画像のアップロードをする方法です。 住所確認書類はクレジットカードの利用明細書や公共料金の領収書、住民票などが対象です。

こちらも本人確認書類と同じく「Konibet認証用」と書いた紙を書類と一緒に撮影したものを提出する必要があります。 続いて、コニベットの本人確認(KYC)に必要な書類について解説します。 コニベットでは少し他のオンラインカジノとは異なる形で書類を用意する必要があるため、他のカジノでKYCに慣れている方も必ずこの見出しはご覧になることをおすすめします。 コニベットの本人認証(アカウント認証)では電話番号認証も必要なので、登録後に電話番号認証を行っていないユーザーは行ってください。

コニベットの全入金ボーナス!受け取り方や出金条件を解説。

ただ、コニベットは娯楽系ブックメーカーの上、スポーツベット部門は外部サービスを使っているため、他のブックメーカーと比べ最大ベット額が抑えられている可能性があります。 最小ベット額が低すぎて困るということはないので、最小ベット額が1ドルに設定されているブックメーカーよりコニベットは遊びやすいと言えます。 ウォレットが分かれていると手順が増えてしまいますが、例えばスポーツベットとカジノ両方で遊ぶようなプレイヤーですとそれぞれの予算を個別に管理できるので利点も存在します。 私の経験では、ほとんど1時間以内に着金していることがほとんどです。

  • 通常は上記2種類の書類のみですが必要に応じて追加で、\e・クレカ(プリペイド、デビット)で入金した場合はそのスクリーンショット\eの提出を求められる場合があります。
  • 数多くある入金方法の中でも1番おすすめな決済方法は、銀行送金での入金です。
  • ブックメーカーとしてのコニベットの最大の特徴ともいえるのが日本式ハンディキャップです。

筆者はE-walletのベガウォレットで入金しましたが、出金時にベガウォレットのスクリーンショットは求められませんでした。 また、審査にかかる時間は「半日~24時間」が目安となるので、事前に書類を提出しておくことでスムーズな出金が可能です。 サルカジプラス編集部では運転免許証を提出しまたが、実際にコニベットに提出してOKだった画像が下記なので参考にしてみてください。 上記のような特徴を持ち、入金・出金方法も仮想通貨やヴィーナスポイント、スティックペイに銀行振込と豊富です。 こちらのキャッシュバックボーナスは賭け条件がなく、受け取った後はゲームで再チャレンジするのも良し、そのまま出金するのも良し、自由に使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *